2020年に買ってよかったモノ

ガジェット, 音楽

毎年恒例の”買ってよかったモノまとめ”。
昨年は補助金を活用して色々な機材を充実させた一年でした。その中でも特に買ってよかったものをご紹介します。

スポンサードサーチ

音楽関係

全ミュージシャンに薦めたいクリアファイル「キングジム カキコ A4」

サポートライブでの楽譜問題に終止符を打ってくれたのがこのクリアファイル!
普通のクリアファイルだと、楽譜を修正したりメモしたりする時の出し入れが手間だったんですよね。2ページあるA3見開きの楽譜だとそのまま使えないのも難点でした。
ところがこのクリアファイルは上下のフラップで挟むだけなので出し入れも簡単だし、A3見開きも問題なし!譜面を使う全ミュージシャンに薦めたいアイテムです。

コスパ最強のコンパクトキット「YAMAHA Stage Custom Hip」

発表された時から注目していた「YAMAHA Stage Custom Hip」。当初は「将来的にこういうコンパクトなキットがあるといいなー」くらいの感じだったんですが、急遽ディナーショーの演奏で必要になり購入することにしました。
キットのバランスも凄く良くて音量も十分、マイクをほとんど通さないような小さい会場ならこれで十分だと思います。
フロアにスナッピーが付いているのもトレンドをしっかり取り入れていて素晴らしいですね。

多くのドラマーから愛される名器「YAMAHA FP720」

かつて多くのドラマーが愛用していた名器の復刻版。
歌モノのサポートでシングルペダルが欲しかったのと、ポイントがかなり貯まっていたので購入(交換?)しました。思えば人生で初めて使ったペダルがこれだったんですよね。
それにしてもまさか横揺れに感動する日が来るとは(笑) ベルトドライブ特有のしなり、たわみが他のペダルにはない独特の感触です。コンパクトに折り畳んでリュックに入れられるのもポイント高いです。

ドラマー必携の教則本「Anika Nilles Pad Book: Fundamental Workouts」

大好きなドラマーAnika Nillesの教則本です。
日々の練習パターンやリズムのアイデアなどをFacebookやInstagramに投稿しているのですが、その集大成とも言える大ボリュームの一冊。特にAnikaが得意とする5連符を使った練習パターンが豊富でかなり勉強になります。

ガジェット

過去最高に使いやすいマウス「Logicool M575」

愛用していたLogicool M570、10年ぶりとなる後継機!これは買うしかないでしょう。
見た目はそれほど変わってないですが、細部がブラッシュアップされていて使っていて全くストレスがありません。Bluetooth対応になってUSBポートを使わないのも高ポイント。現時点で過去最高に使いやすいマウスだと断言出来ます。

有線イヤホンを無線化「TaoTronics Bluetooth オーディオ レシーバー」

世間では無線イヤホンが主流になりつつありますが、これがあれば有線イヤホンをそのまま使えます。「コードレスのイヤホンは失くしそうで怖い!」という僕のような人におすすめです。
イヤホンの音質に拘りたい人なら別ですが(そもそもそういう人は無線イヤホンを使わないはず)、歩きながらスマホで音楽を聞くぶんには全く問題ありません。

Touch IDが超絶便利「Apple MacBook Air」

10年使ったMacBook Airから遂に乗り換えました!
M1チップ、本当に凄いです。超サクサク。Big Surもそんなに違和感なく使えてます。
それよりもTouch IDがめちゃくちゃ便利です。ログインもそうですし、1 Passwordのマスターパスワード入力も不要。Magic Keyboardに標準装備して欲しい!

iMacのポート不足解消「Belkin Thunderbolt 3 Dock Pro」

iMacを使う上でネックになるのはポートの数が少ないこと。しかも背面なんですよね…
これまでは安物のUSBハブで誤魔化してきたのですが、やはりThunderbolt 3の速度を活かさないのは勿体ないだろうということで思い切って導入しました。Thunderbolt 3対応のアイテムはそもそも種類が少ないので、現時点ではほぼ一択かなと思います。

部屋撮りには三脚より一脚がおすすめ「Velbon Pole Pod EX FLUIDHEAD」

カメラや照明を省スペースで設置しないといけない部屋撮りなら三脚ではなくて一脚がおすすめです。あまりに使い勝手が良いので3台買いました(笑)

やっぱり便利「cocopar モバイルディスプレイ 」

昨年ブログにも書いたモバイルディスプレイ。半年以上経ちましたがやっぱり便利です。タブレット以上ディスプレイ未満の使い方を求めてる人には最適解なんじゃないかと思います。値段も安いですしね。
僕はというと欲が出てきて、もっと画面を大きくしたいなと思っています。スタジオも少し模様替えしたので23インチくらいのに変えるかも知れません。そうなると最早モバイルじゃなくなりますけどね(笑)

初のソロ音源『Butterfly Effect』配信中!

関連記事一覧

Category

Archives

Search