2018年 ありがとうございました

生活

家の大掃除や来年の仕込みやらで慌ただしい大晦日です。

今年は何と言っても独立したのが最大のトピックです。
簡単にまとめると、働く時間がかなり減って、家族と過ごす時間や音楽に使える時間が増えました。収入はちょっと減りましたが想定範囲内。確定申告以降は税金や国保など諸々下がるはずなので、これからの生き方を考えるとこのタイミングで正解だったと思います。

初めて経験することも沢山あって、これまでになくあっという間の1年だったのと同時に、多くの人との縁に支えられていることを実感した1年でもありました。お世話になった皆さん、本当にありがとうございました。
今のところドラムもデザインも結構良いバランスで仕事をいただけているので、来年はこれをベースにしつつ新しいことにもチャレンジしていきたいなと思っています。何にチャレンジするのかは乞うご期待ということで。
引き続きお仕事のご依頼、ご相談、お待ちしております!

音楽面では今年はライヴ少なめの年でしたが、その分レコーディングを中心にとても濃い時間を過ごすことが出来ました。
六合は遂に新作のレコーディングをスタートし、15周年となる来年2019年に新作をリリース出来そうですし、黒沢ダイスケくんの「BLACK ALBUM2」の制作・ツアーも刺激的でした。
来年はバンドでのライヴは勿論ですが、セッション的なものも積極的に参加して演奏機会を増やしていきたいと思っています。

それでは皆さん、良いお年をお迎えください!来年もどうぞよろしくお願いいたします!!

打ち込みではなく、本物のニュアンス、ダイナミクスを伴ったレコーディングで一段上の作品作りを目指しませんか?

バンド形態の作品作りにおいて、ドラムはサウンドの要。スタジオでのレコーディング、トリガーシステムによるMIDIレコーディングのどちらでも、ご要望に応じて対応が可能です。

お問い合わせはこちら

関連記事一覧

Category

Archives

Search